実物が見えない通販では不向きだと思う商品

実物を手に取って見られない通販で不向きだと思う商品は、実際の経験から「布地」だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
New Entry
その他の記事
実物が見えない通販では不向きだと思う商品

実物を手に取って見られない通販で不向きだと思う商品は

実物を手に取って見られない通販で不向きだと思う商品は、実際の経験から「布地」だと思います。
布地、生地は、手作りする人にとってはいつも探しているものですが、普段は近場の実店舗の生地屋さんに行き、実際手にとって見て肌触り、指で生地の感触を確かめます。
しかし、最近はネット等の通販の店舗も多く出てきて、便利で手軽に購入出来るようになってきました。
また、ネットだと普通の値段より安く、住んでいる地域では手に入らない、珍しい生地があり助かる事もありました。

しかし、やはり実物には触れないのですから、その代わりに風合いや特徴を、説明分やレビューから必死に読み取ろうとし、かなり時間を費やしてしまいます。
作り手であるクリエイターは、感覚派の人も多いでしょうから、実物が目の前にあるなら瞬時に布地を選び取り、そう時間はかからないはずです。
ですが、ネット等の通販ですと、まず文章を理解する言語的なものから入っていかなくてはなりません。また、布は一つだけあればいいというのではなく、複数組み合わせて購入する事が普通なので、ネットや印刷物を通しての色味は、どうしてもイメージとピッタリとはいかず「見た目と違っていた」と何回か失敗も経験します。
色味もそうですが、厚み、風合い、機能も違ってきますので、何回か購入してその店の品揃えを確認します。
しかし、人よっては「イメージが違う」との感想を残して、お気に入りが見つかるまで他ネット店をハシゴするか、種類に妥協して実店舗の方に再度行くかになります。
実店舗もあってウエブサイトもあるお店もありますが、全国的となると限られてきます。未だに、私も一部商品をネットで買うのみで、やはり「作品」を作るとなると、イメージに忠実になるよう実店舗に出かけて行って、生地に触れるようにしています。布地を扱えば扱う程、僅かな違いに妥協出来なくなってしまい、通販で買うのをためらってしまいます。

近頃良く聞く通販は、深く知るならココがお勧め

Copyright (C)2017実物が見えない通販では不向きだと思う商品.All rights reserved.