実物が見えない通販では不向きだと思う商品

通信販売は以前からあったのですが、かつてはテレビ通販やカタログ、雑誌通販が中心でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
New Entry
その他の記事
実物が見えない通販では不向きだと思う商品

通信販売は以前からあったのですが

通信販売は以前からあったのですが、かつてはテレビ通販やカタログ、雑誌通販が中心でした。

今はインターネット通信販売、略してネット通販が全盛で、手軽さや販売元の大手参入による安心感で多くの人が利用するようになりました。
送料無料や代金決裁のカード、インターネットバンキング利用可の便利さが、それに拍車をかけています。
そんな通販の弱点と言えば、現物を手にとって見られないということです。
それだけに、試してから買うのが一般的な商品は、実物が見えない通販では不向きだということになります。一例を挙げると、アパレル関係商品です。
微妙な色具合やサイズ、購入者に似合うか似合わないかは試着してみないと分りません。それだけに服に興味のある人は、ショップで買うというのが依然定番になっているようです。
同じ理由で、靴も通販には不向きです。
サイズ表示も実測がメーカーによって異なると聞くので、試し履きもせずに購入するのは不安です。

しかし、最近通販会社も工夫をこらし、試着可能な販売方法を模索しているようです。
これらが上手く行けば、通販のシェアはこういったジャンルにも拡大して行くものと思われます。

Copyright (C)2017実物が見えない通販では不向きだと思う商品.All rights reserved.