実物が見えない通販では不向きだと思う商品

通信販売は便利で、いつも行く店に売っていない商品が手に入るので、私もよく利用しています。

実物が見えない通販では不向きだと思う商品

通信販売は便利で

通信販売は便利で、いつも行く店に売っていない商品が手に入るので、私もよく利用しています。本やCD、化粧品やビール類は、実店舗でも通販でも変わらないと思うのですが、生鮮食品と洋服は、実物を見ないとなかなか難しいと思うことがあります。
洋服関係では、トップスは大丈夫なのですが、ボトムス、特にパンツ類は、メーカーによって同じサイズでも大きさが異なり、デザインで向き不向きがあるため、試着しないとなかなか難しいです。

靴も同じで、デザインと履き心地は必ずしも一致しないので、実物を試着してみないことには買いづらいです。
有名メーカーのスニーカーなどはだいたい分りますが、パンプス、サンダル類は無理です。

生鮮食品は、ネットスーパーで写真見て買った魚の切り身が、思っていたより小さくてがっかりしたことや、お肉やお野菜の質が今一つだったことがあります。現物を目で見て、より分けることができないから、まるっきり注文先の店員任せになってしまいます。
一度注文してみてはずれなら、二度と注文しません。

近頃良く聞く通販は、深く知るならココがお勧め

Copyright (C)2017実物が見えない通販では不向きだと思う商品.All rights reserved.